top of page
  • 執筆者の写真誠 大石

横浜で始める安心の退職準備 相続と終活のすすめ

今回は、これから退職を迎える60代の皆さまに向けて、相続と終活の重要性について解説します

「横浜で始める安心の退職準備 相続と終活のすすめ」です。


1,なぜ今、相続と終活の準備が必要なのか

退職を控えた皆さまにとって、相続と終活の準備は避けて通れない重要な課題です。

特に横浜のような都市部では、不動産価値が高く、相続税の問題が深刻化しやすい傾向にあります。

統計によると、日本人の平均寿命は、男性81歳、女性87歳となっています。

退職後も20年以上の人生が待っています。この貴重な時間を有意義に過ごすためにも、今のうちから準備を始めることが大切です。


2,横浜市の相続事情

横浜市は、地価の高い地域が多く、相続税の基礎控除額を超えるケースが珍しくありません。例えば、中区、西区、神奈川区の一戸建ては、簡単に数千万円の評価額になることも。

また、7月1日に国税庁が公表した令和6年分の路線価では、神奈川県の地価は3年連続で上昇しています。上昇率では、二俣川駅周辺なども上位です。

また、横浜市の高齢化率は年々上昇しており、2024年には約25%となりました。


3,退職前に押さえるべき相続のポイント

(1) 財産の把握と評価

まずは、ご自身の財産を正確に把握することから始めましょう。

不動産、預貯金、株式、生命保険など、すべての資産を洗い出します。特に不動産の評価は専門家に相談するのがおすすめです。


(2) 相続税の試算

相続税の基礎控除額は「3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数」です。

これを超える場合、相続税が発生する可能性があります。

早めに試算を行い、対策を考えましょう。


(3) 遺言書の作成

遺言書は、あなたの意思を明確に伝える重要な手段です。

特に複雑な家族関係がある場合や、事業承継を考えている場合は必須です。公正証書遺言がおすすめです。

・再婚しており、前妻のお子さんがいる
・お子様のいない、いわゆる「おふたりさま」
・障がいを抱えたお子さんがいる
・同居家族と生活している不動産(自宅)だけが遺産であり、預貯金はほとんど残っていない

こういったケースでは、遺言書の作成が特に重要です。


4,終活で考えるべきこと

(1) エンディングノートの作成

医療や介護の希望、葬儀の方法、財産の分配など、自分の最期に関する希望を記録しておくことは、残された家族への大切な贈り物になります。


(2) 任意後見制度の利用

認知症になった場合に備えて、信頼できる人に財産管理や身上監護を任せる制度です。早めに検討しておくことをおすすめします。


(3) 葬儀・墓園などの選定

横浜市には、多くの墓地や葬儀場があります。事前に希望を伝えておくことで、家族の負担を軽減できます。


(4) 身元保証人や空き家の管理

「おひとりさま」や「おふたりさま」で、頼れる親族がいない場合、病院への入院、介護施設へ入所するにあたって、身元保証人を立てることができないという問題に直面します。

また、病院への入院、介護施設に入所をすると、これまでお住まいの自宅が空き家となってしまいます。この空き家の管理をどうするか、といった問題にも直面することとなります。


5,横浜市の相続・終活サポート体制

横浜市では、行政やNPO、民間企業が連携して、高齢者の相続・終活をサポートしています。公的サービスと専門家のアドバイスを上手に組み合わせることで、より充実した準備が可能になります。


6,専門家に相談するメリット

相続や終活の準備は、法律、税務、不動産など多岐にわたる知識が必要です。専門家に相談することで、以下のようなメリットがあります。

・最新の法改正情報の入手

・個別事情に応じた具体的なアドバイス

・将来のリスク回避

・家族間のトラブル防止

特に、相続税対策や遺言書作成などは、早めに専門家に相談することをおすすめします。


7,まとめ:今こそ行動を起こすとき

退職前の今こそ、相続と終活の準備を始めるベストタイミングです。早めの準備は、あなた自身の安心はもちろん、大切な家族の未来を守ることにもつながります。

横浜市在住の60代の皆さま、ぜひこの機会に一緒に考えてみませんか。

些細な疑問でも構いません。お気軽にお問い合わせください。


弁護士 大石誠

横浜市中区日本大通17番地JPR横浜日本大通ビル10階

横浜平和法律事務所

電話:045-663-2294

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

相続税申告の悩みを解決!弁護士がサポートする理由

相続税の申告は複雑で、初めて経験する方にとっては大変なストレスとなります。 そこで、弁護士による相続税申告サポートが注目されています。 この記事では、弁護士がどのように相続税申告をサポートし、どのようなメリットがあるのかを詳しく解説します。 【相続税申告の基本知識】 相続税は、亡くなった方の財産を受け継ぐ際に課せられる税金です。 被相続人から各相続人等が相続や遺贈などにより取得財産の価額の合計額が

横浜で遺留分侵害額請求をお考えの方へ:専門弁護士が徹底サポート

大切な家族を亡くされた後、遺産分割や遺留部ヌンに関するトラブルにお困りではありませんか?特に、遺言書の内容に納得がいかない場合や、他の相続人に多額の財産が渡ってしまうような不公平な遺言書が作成されていた場合は、遺留分侵害額請求という方法で、ご自身の権利を主張することができます。 遺留分侵害額請求とは? 遺留分とは、法定相続人(兄弟姉妹は除きます)が必ず受け取ることのできる最低限度の財産です。遺言書

【掲載情報】笑顔相続サロン コラム

笑顔相続サロン 相続対策コラムに寄稿が掲載されました。 民法と相続税法とで混同しがちな論点を整理した記事になります。 「税務と法務の交錯点」 笑顔相続サロン (hanamaru-syukatsu.com)

Comentários


bottom of page