top of page
  • 執筆者の写真誠 大石

横浜で遺留分侵害額請求をお考えの方へ:専門弁護士が徹底サポート

更新日:6月27日

大切な家族を亡くされた後、遺産分割や遺留部ヌンに関するトラブルにお困りではありませんか?特に、遺言書の内容に納得がいかない場合や、他の相続人に多額の財産が渡ってしまうような不公平な遺言書が作成されていた場合は、遺留分侵害額請求という方法で、ご自身の権利を主張することができます。


遺留分侵害額請求とは?

遺留分とは、法定相続人(兄弟姉妹は除きます)が必ず受け取ることのできる最低限度の財産です。遺言書の内容にかかわらず、法定相続人は遺留分を侵害されることは許されません。

しかし、実際には遺言書によって遺留分が侵害されてしまうケースが多くあります。

そのような場合、遺留分侵害額請求という方法で、侵害された遺留分について金銭での補償を求めることができます。


遺留分侵害額請求の法的根拠は?

民法には、以下の各規定が置かれています(抜粋)。


(遺留分の帰属及びその割合)

第1042条

1項 兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次条第1項に規定する遺留分を算定するための財産の価額に、次の各号に掲げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合を乗じた額を受ける。

一 直系尊属のみが相続人である場合 3分の1

二 前号に掲げる場合以外の場合 2分の1

2項 相続人が数人ある場合には、前項各号に定める割合は、これらに第900条及び第901条の規定により算定したその各自の相続分を乗じた割合とする。


(遺留分を算定するための財産の価額)

第1043条

1項 遺留分を算定するための財産の価額は、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与した財産の価額を加えた額から債務の全額を控除した額とする。


第1044条

1項 贈与は、相続開始前の1年間にしたものに限り、前条の規定によりその価額を算入する。当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与をしたときは、1年前の日より前にしたものについても、同様とする。

2項 第904条の規定は、前項に規定する贈与の価額について準用する。

3項 相続人に対する贈与についての第1項の規定の適用については、同項中「一年」とあるのは「十年」と、「価額」とあるのは「価額(婚姻若しくは養子縁組のため又は生計の資本として受けた贈与の価額に限る。)」とする。


(遺留分侵害額の請求)

第1046条

1項 遺留分権利者及びその承継人は、受遺者(特定財産承継遺言により財産を承継し又は相続分の指定を受けた相続人を含む。以下この章において同じ。)又は受贈者に対し、遺留分侵害額に相当する金銭の支払を請求することができる。

2項 遺留分侵害額は、第1042条の規定による遺留分から第1号及び第2号に掲げる額を控除し、これに第3号に掲げる額を加算して算定する。

一 遺留分権利者が受けた遺贈又は第903条第1項に規定する贈与の価額

二 第900条から第902条まで、第903条及び第904条の規定により算定した相続分に応じて遺留分権利者が取得すべき遺産の価額

三 被相続人が相続開始の時において有した債務のうち、第899条の規定により遺留分権利者が承継する債務(次条第三項において「遺留分権利者承継債務」という。)の額


横浜で遺留分侵害額請求を成功させるには?

遺留分侵害額請求は、専門的な知識と経験が必要となります。

横浜で遺留分侵害額請求を成功させるためには、実績豊富な弁護士に相談することが重要です。

当事務所の弁護士は、横浜における遺留分侵害額請求案件を数多く扱っており、豊富な経験と専門知識に基づいて、あなたにとって最適な解決策をご提案いたします。


遺留分侵害額請求の手順

  1. 遺言書の確認:遺言書の内容を詳しく確認し、遺留分が侵害されているかどうかを判断します。

  2. 相続人との交渉:遺留分が侵害されている場合、まずは相続人との話し合いを行い、解決を図ります。

  3. 調停・訴訟:交渉が難航する場合、家庭裁判所での調停や、地方裁判所での訴訟により、法的な手続きを進めます。


当事務所の強み

当事務所は、横浜における遺留分侵害額請求案件を数多く扱っており、豊富な経験と専門知識があります。以下に当事務所の強みをご紹介します。


豊富な経験と実績

当事務所の弁護士は、遺留分侵害額請求に関する数多くの案件を成功に導いてきました。その経験と実績に基づき、あなたにとって最適な解決策をご提案いたします。


初回相談は無料

横浜で遺留分侵害額請求についてお悩みの方は、当事務所の初回相談をご利用ください。初回相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。経験豊富な弁護士が、あなたのお話をじっくりと伺い、最適な解決策をご提案いたします。


親身な対応

当事務所の弁護士は、常に親身になってご相談に対応いたします。遺産問題は非常にデリケートな問題であり、ご相談者様の気持ちに寄り添いながら、最適な解決策を見つけることを目指しています。


ご相談窓口

大切な遺産問題を、一人で抱え込まずに、ぜひ当事務所にご相談ください。以下の連絡先までご連絡いただければ、経験豊富な弁護士が親身に対応いたします。

電話番号:045-663-2294


よくある質問(FAQ)

遺留分侵害額請求にはどのくらいの費用がかかりますか?

費用は案件の内容や進行状況によって異なりますが、当事務所では初回相談を無料で行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

具体的な費用については、相談内容に応じて明確にご説明いたします。


遺留分侵害額請求はどのくらいの期間がかかりますか?

ケースバイケースですが、交渉がスムーズに進む場合は数ヶ月で解決することもあります(手紙の往復数回で解決したこともあります)。

一方で、調停や訴訟が必要な場合は、1年以上かかることもあります。ご相談いただいた際に、詳細なスケジュールをご説明いたします。


遺留分侵害額請求をする際の注意点は何ですか?

遺留分侵害額請求には時効があり、相続開始を知ったときから1年以内に請求しなければなりません。そのため、早めの相談が重要です。また、請求には適切な証拠や書類が必要となるため、弁護士のサポートを受けることをお勧めします。


以上、「横浜で遺留分侵害額請求をお考えの方へ:弁護士が徹底サポート」でした。

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

相続税申告の悩みを解決!弁護士がサポートする理由

相続税の申告は複雑で、初めて経験する方にとっては大変なストレスとなります。 そこで、弁護士による相続税申告サポートが注目されています。 この記事では、弁護士がどのように相続税申告をサポートし、どのようなメリットがあるのかを詳しく解説します。 【相続税申告の基本知識】 相続税は、亡くなった方の財産を受け継ぐ際に課せられる税金です。 被相続人から各相続人等が相続や遺贈などにより取得財産の価額の合計額が

横浜で始める安心の退職準備 相続と終活のすすめ

今回は、これから退職を迎える60代の皆さまに向けて、相続と終活の重要性について解説します 「横浜で始める安心の退職準備 相続と終活のすすめ」です。 1,なぜ今、相続と終活の準備が必要なのか 退職を控えた皆さまにとって、相続と終活の準備は避けて通れない重要な課題です。 特に横浜のような都市部では、不動産価値が高く、相続税の問題が深刻化しやすい傾向にあります。 統計によると、日本人の平均寿命は、男性8

【掲載情報】笑顔相続サロン コラム

笑顔相続サロン 相続対策コラムに寄稿が掲載されました。 民法と相続税法とで混同しがちな論点を整理した記事になります。 「税務と法務の交錯点」 笑顔相続サロン (hanamaru-syukatsu.com)

Comments


bottom of page