top of page
  • 執筆者の写真誠 大石

親の相続を考える横浜市在住の40〜50代の方へ:相続手続きの基本と重要ポイント

相続は、人生の大きな節目の一つです。

特に、親の相続を迎える40~50代の方にとっては、複雑な手続きや法律的な問題が頭を悩ませることが多いでしょう。

本記事では、横浜市在住の方々を対象に、相続手続きの基本と重要ポイントを分かりやすく解説します。

相続の流れを把握し、適切な準備をすることで、スムーズに進めることができます。

親の相続を考える横浜市在住の40〜50代の方へ:相続手続きの基本と重要ポイントについて解説します。


1,相続の基本的な流れ

1-1, 相続の開始

相続は、被相続人(亡くなった方)が死亡した時点で開始されます。まずは死亡届を提出し、死亡診断書を取得します。これが相続手続きのスタートです。


1-2,相続人の確定

次に、誰が相続人になるのかを確定します。日本の法律では、法定相続人は以下のように定められています。

配偶者:常に相続人となります。

子供:被相続人の子供は全員が相続人です。養子も含まれます。

:被相続人に子供がいない場合、親が相続人になります。

兄弟姉妹:被相続人に子供も親もいない場合、兄弟姉妹が相続人となります。兄弟姉妹が先立っている場合、甥姪が相続人となります。


1-3,相続財産の確認

相続財産には、現金、預貯金、不動産、株式などがあります。

遺産目録を作成し、全ての財産をリストアップします。負債も相続対象となるため、借金や未払いの税金も確認が必要です。

特に横浜のような都市部では、不動産価値が高く、相続税や遺産分割の問題が深刻化しやすい傾向にあります。例えば、中区や西区の一戸建ては、簡単に数千万円の評価額になることも。また、横浜市の高齢化率は年々上昇しています。

他方で、死亡保険金、死亡退職金、未支給年金など、相続財産ではないものも選別し、「何が遺産分割の対象となる財産か」を確認する必要があります。


1-4,遺産分割協議

相続人全員で、遺産をどのように分割するかを話し合います。

ここでは、被相続人の遺言書がある場合、その内容が優先されます。

遺言書がない場合は、当事者間の協議に基づいて基づいて分割します。


2,相続手続きで注意すべきポイント

2-1,遺言書の確認

遺言書が存在する場合、その内容が最優先されます。

遺言書において遺言執行者が指定されている場合には、遺言執行者が遺言の内容を実行します。

自筆証書遺言が存在する場合には、家庭裁判所に検認を申請する必要があります。


2-2,相続放棄と限定承認

相続財産が負債を上回る場合、相続人は相続放棄や限定承認を選択できます。

相続放棄:相続を全て放棄することで、財産も負債も受け取らない手続きです。

限定承認:相続する財産の範囲内で負債を弁済することを条件に相続する手続きです。

これらは、原則として、被相続人が亡くなったことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申請する必要があります。


2-3,税務手続き

相続税の申告と納付も重要な手続きです。

相続税の基礎控除額は「3000万円+600万円×法定相続人の数」で計算されます。

相続税が発生する場合、相続開始から10ヶ月以内に申告と納税を行わなければなりません。


3,相続手続きをスムーズに進めるためのポイント

3-1,専門家の活用

相続手続きは複雑で、多くの書類作成や法的手続きが必要です。

法律事務所や税理士、司法書士などの専門家に相談することで、手続きがスムーズに進みます。

また、専門家のアドバイスを受けることで、トラブルを未然に防ぐことができます。


3-2,早めの準備

相続手続きは早めに準備することが重要です。

被相続人が健在なうちに、財産や負債のリストを作成し、遺言書の準備を行うことで、相続人にかかる負担を軽減できます。


3-3,遺産分割協議の進め方

遺産分割協議は相続人全員の合意が必要です。

トラブルを避けるために、円満なコミュニケーションを心がけ、相続人全員の意見を尊重しながら進めましょう。


4,横浜市在住の方への具体的なアドバイス

4-1,地元の専門家の活用

相続や終活の準備は、法律、税務、不動産など多岐にわたる知識が必要です。

横浜市には、多くの法律事務所や税理士事務所があります。地元の専門家に相談することで、地域の特性に応じたアドバイスが得られます。

当事務所でも相続に関する相談を実施しておりますので、お気軽にご相談ください。


また、専門家に相談することで、以下のようなメリットがあります。

最新の法改正情報の入手

個別事情に応じた具体的なアドバイス

将来のリスク回避

家族間のトラブル防止


4-2,横浜市の役所の利用

横浜市役所や区役所には、相続手続きに関する窓口があります。

必要な書類の取得や手続きの案内を受けることができます。地元の公共サービスを積極的に活用しましょう。


4-3,地域コミュニティの情報収集

地域のコミュニティセンターや老人会などで開催される相続や終活に関するセミナーに参加することも有効です。

同じ悩みを持つ人たちと情報を共有することで、新たな知見が得られます。


5,まとめ

親の相続を考える40~50代の方にとって、相続手続きは複雑で時間がかかるものです。

しかし、基本的な流れを理解し、事前に準備を行うことで、スムーズに進めることができます。専門家の力を借りながら、トラブルを未然に防ぎ、円満な相続を実現しましょう。

当事務所では、相続に関する相談を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


よくある質問(FAQ)

Q1. 相続税の申告期限はいつですか?

相続税の申告期限は、相続開始から10ヶ月以内です。期限を過ぎると延滞税が発生するため、早めに手続きを進めましょう。


Q2. 相続放棄を考えています。何から始めれば良いですか?

相続放棄は、相続開始から3ヶ月以内に家庭裁判所に申請する必要があります。

まずは弁護士又は家庭裁判所に問い合わせ、必要な書類を揃えましょう。


Q3. 遺言書が見つかりません。どうすれば良いですか?

遺言書が見つからない場合、①法務局の自筆証書遺言保管制度を利用していないか、②公証役場で、公正証書遺言を作成していないか、検索することができます。

これでも見つからなかった場合には、遺言書が無いことを前提に、遺産分割協議をする必要が高くなります。


Q4. 法定相続分の割合に応じて分割しなければならないのでしょうか?

法定相続分は、当事者間の協議がまとまらず、裁判所において遺産分割調停・審判をするにあたって、参照される割合です。

相続人全員が争うことなく、遺産分割協議ができる場合には、法定相続分に固執する必要はありません。


弁護士 大石誠

横浜市中区日本大通17番地JPR横浜日本大通ビル10階

横浜平和法律事務所

電話:045-663-2294

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

相続税申告の悩みを解決!弁護士がサポートする理由

相続税の申告は複雑で、初めて経験する方にとっては大変なストレスとなります。 そこで、弁護士による相続税申告サポートが注目されています。 この記事では、弁護士がどのように相続税申告をサポートし、どのようなメリットがあるのかを詳しく解説します。 【相続税申告の基本知識】 相続税は、亡くなった方の財産を受け継ぐ際に課せられる税金です。 被相続人から各相続人等が相続や遺贈などにより取得財産の価額の合計額が

横浜で始める安心の退職準備 相続と終活のすすめ

今回は、これから退職を迎える60代の皆さまに向けて、相続と終活の重要性について解説します 「横浜で始める安心の退職準備 相続と終活のすすめ」です。 1,なぜ今、相続と終活の準備が必要なのか 退職を控えた皆さまにとって、相続と終活の準備は避けて通れない重要な課題です。 特に横浜のような都市部では、不動産価値が高く、相続税の問題が深刻化しやすい傾向にあります。 統計によると、日本人の平均寿命は、男性8

横浜で遺留分侵害額請求をお考えの方へ:専門弁護士が徹底サポート

大切な家族を亡くされた後、遺産分割や遺留部ヌンに関するトラブルにお困りではありませんか?特に、遺言書の内容に納得がいかない場合や、他の相続人に多額の財産が渡ってしまうような不公平な遺言書が作成されていた場合は、遺留分侵害額請求という方法で、ご自身の権利を主張することができます。 遺留分侵害額請求とは? 遺留分とは、法定相続人(兄弟姉妹は除きます)が必ず受け取ることのできる最低限度の財産です。遺言書

Comentários


bottom of page