top of page
  • 執筆者の写真誠 大石

【メモ】相続債務の弁済と相続放棄の関係

・相続人の固有財産となる死亡保険金を、保険会社に請求し、受領する行為は、相続財産の処分にあたらない

・相続人の固有財産である死亡保険金をもって行った被相続人の相続債務の一部弁済行為は、相続財産の処分にあたらない

被相続人の猟銃事故共済について自損事故共済金の支払を受けられるか否かの回答を得る目的で、相続人が試みた共済金請求は、民法915条2項の財産の調査に過ぎず、相続財産の処分にあたらない

福岡高裁宮崎支部 平成10年12月22日決定 家裁月報51巻5号49頁)


法定単純承認事由である「処分」とは、一般に相続財産の現状やその法的性質を変更する行為である。

例えば、

被相続人の衣類を形見分けとして近親者に贈与した行為でも、その衣類が経済的価値を有している場合には「処分」にあたる。他方で、交換価値を失う程度に着古した衣類は、「処分」にあたらない

被相続人が代物弁済の予約をしていたのを実行すること、債権を取り立てて受領することは「処分」にあたる


閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

【メモ】遺産分割時に被相続人名義の財産の2分の1は配偶者の固有財産であるとの主張

●我妻 「夫婦の財産の帰属には、およそ三種類のものがあるように思われる。(中略)第三は、名義は夫婦の一方に属するが実質的には共有に属するとなるべきものであって、婚姻中に夫婦が協力して取得した住宅その他の不動産、共同生活の基金とされる預金、株券などで夫婦の一方の名義となっているものは、これに属するといいうるであろう。」 「問題は第三のものである。現在の経済取引の形式的画一性からいって、対外的には、原

【メモ】被相続人 韓国籍の相続放棄

●適用法 法の適用に関する通則法第36条「相続は、被相続人の本国法による。」⇒準拠法は韓国民法 準拠法は韓国民法であるものの、日本に居住し、財産が日本にある場合、相続放棄の管轄は、日本の家庭裁判所になる(韓国民法を前提に。被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所)。 ※韓国に債務があるときは、韓国の家庭裁判所に対して相続放棄の手続を取る必要がある。 ●相続人の範囲・順位 第1順位  直系卑属 「

【メモ】不動産競売の執行費用

「執行費用は、共益費用であるものと共益費用でないものとに分けられ、共益費用であるものを手続費用という(民執63条1項1号・188条参照)。この手続費用の配当の順位は最先順位として扱われるが、それを根拠づける直接的な規定はない。手続費用は当該執行手続において総債権者の共同の利益のために支出されたと認められるものをいうから、最優先で債権者に対する配当に先んじて控除するのが配当における衡平の原則にかなう

Comments


bottom of page